製品情報|RemyStem(レミーステム)

ヒト幹細胞培養液  RemyStem

ヒト幹細胞の分泌成分です。ヒト幹細胞培養液には、サイトカインや酵素、ECM構成タンパク質などの生理活性物質が豊富に含まれています。老化によって活性の低下した細胞を呼び覚ます賦活成分として、様々な効果を発揮します。「RemyStem」は、コラーゲン・ヒアルロン酸生合成促進、シワ改善・防止、美白、線維芽細胞増殖、幹細胞増殖、表皮細胞増殖、増毛・発毛など、アンチエイジングを実現する様々な効果が確認されています。

「RemyStem」は、脂肪組織から脂肪由来幹細胞を分離し、培養した際に幹細胞から分泌されるタンパク質成分に富んだ順化培地です。脂肪由来幹細胞は成体幹細胞の一種で、骨髄由来幹細胞や臍帯血由来幹細胞などよりも容易に採取でき、しかも幹細胞の含有量が多いため、近年、再生医療や化粧品の原料として多く活用が進んでいます。ヒト由来脂肪幹細胞培養液は幹細胞が作るVEGF( 血管内皮成長因子)、 TGF(形質転換成長因子)、 FGF( 線維芽細胞成長因子) 、IGF( インシュリン様成長因子)など の様々な成長因子(グロースファクター)をはじめとしたタンパク質成分を含有することが報告されています。

 

「RemyStem」は、皮膚老化と損傷を防止し、皮膚組織の主要構成成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンの再生を促進する高機能素材で、幹細胞培養液成分の生理的活性は、抗老化効果、組織再生効果など、様々な効果が確認されています。

幹細胞培養液の製造工程

化粧品原料として高品質の幹細胞培養液を製造するためには、培養しながら与える刺激が重要です。

この刺激の方法が独自のノウハウとなっており、通常の幹細胞培養液と化粧品原料としての幹細胞培養液の違いです。

 

それ以外にも正確に脂肪由来幹細胞を見極め、均一に分離する技術や、ローリングボトル方式による幹細胞培養液生産に最も適した培養技術など、様々なノウハウによってRemyStemは供給されています。

ヒト幹細胞培養液  〜 RemyStemの安全性 〜

ヒト幹細胞培養液はヒトの体内にある幹細胞が分泌したタンパク質成分に富んだ順化培地で、一般的に安全な化粧品原料ですが、培養の方法や刺激の仕方によって炎症性サイトカインなどが分泌されるリスクもあります。そのため、RemyStemでは、ヒト皮膚パッチ試験など、9項目の安全性試験を行ない安全性を担保しています。

 

また、動物由来血清や抗生物質、ホルモン剤など、幹細胞培養では当たり前でも、化粧品原料としては使用できない成分は、含まれていないことも確認済みです。

美白効果

Inhibitory effects of RemyStem on melanin production

RemyStem significantly inhibited melanin synthesis induced by α-MSH.

メラニン産生を促すα-MSH(メラノサイト刺激ホルモン)を添加したメラノサイトに対して、RemyStemによるメラニン生成抑制効果を見た実験です。RemyStemは濃度依存的にメラニン生成を抑制し、高い美白効果を示しました。

抗シワ効果(線維芽細胞増殖)

Enhancement of fibroblast proliferation by RemyStem

RemyStem showed strong stimulatory effects on human dermal fibroblast and keratinocyte proliferation.

RemyStemによる線維芽細胞HDFの増殖効果をWST-1 assayで確認しました。RemyStemは線維芽細胞を濃度依存的に増加させ、抗シワ効果があることが確認されました。

抗シワ効果(幹細胞増殖)

Enhancement of stem cell proliferation by RemyStem

RemyStem showed strong stimulatory effects on stem cell proliferation. 

RemyStemによるヒト幹細胞Human ADSCの増殖効果をWST-1 assayで確認しました。RemyStemは幹細胞を濃度依存的に増加させました。

抗シワ効果(コラーゲン生成)

Stimulation of collagen synthesis by RemyStem

RemyStemの線維芽細胞に対するコラーゲン生成への影響をELISA法で確認しました。RemyStemはコラーゲン生成を濃度依存的に増加させました。

抗シワ効果(ヒアルロン酸生成)

Stimulation of hyaluronic acid synthesis by RemyStem

RemyStemの線維芽細胞HDFに対するヒアルロン酸生成への影響をELISA法で確認しました。RemyStemはヒアルロン酸生成を濃度依存的に増加させました。

肌バリア機能強化

RemyStemによるヒト角化細胞HaCaT の増殖効果をWST-1 assayで確認しました。RemyStemはケラチノサイトを濃度依存的に増加させ、肌バリア機能の改善が期待できます。

Enhancement  of keratinocyte proliferation by RemyStem

創傷治癒効果(ケラチノサイトマイグレーション:角化細胞遊走)

Enhancement  of keratinocyte migration by RemyStem

 

RemyStem showed strong stimulatory effects on human dermal fibroblast and keratinocyte proliferation. 

RemyStemによるヒト角化細胞HaCaTの遊走能への効果をSingle cell tracking systemで確認しました。RemyStemはケラチノサイトの移動の速度を濃度依存的に増加させ、ケラチノサイトのマイグレーション効果を持つことがわかりました。

アンチエイジング効果

Effects of RemyStem on cellular senescence

ヒト線維芽細胞HDFを人工的に老化させ、細胞老化の指標SA-β-グルコシダーゼの分泌を確認した上でRemyStemを添加、細胞老化の状態をSA-beta-gal stainingによって確認しました。その結果、細胞からのSA-β-グルコシダーゼの分泌の減少を確認、線維芽細胞の形質も老化状態からの改善が認められました。

レミーバイオに関するお問い合わせはこちらから

©Copyright 2019 REMYBIO CORP. All Rights Reserved.